八尾あきんどOn-Do(音頭)ネット

御菓子司 大阪さつま屋~和菓子~

写真1
店主プロフィール 氏名:中原 義任(なかはら よしと)さん
趣味:しごと
八尾で半世紀以上に
店の名前のとおり鹿児島県出身です。八尾の恩智で創業して50年以上になります。
以前は釣りや菊づくりが趣味で、休みの日にはいそいそと出かけたり,菊は多いときは60鉢も栽培していました。
今はなかなか時間がとれませんが、今の趣味と言えば「仕事」ですかね。
八尾の特産品を和菓子に
 恩智は皆さんご存じのとおり若ごぼう、枝豆の産地です。近所の農家さんからいっぱいの若ごぼうや枝豆をいただきました。
40年ほど前のある日、この特産品を和菓子にできないかと考え、試行錯誤の末にいくつかの和菓子に使うことができました。
八尾の特産品若ごぼうから「若ごぼう春菜」「やーごんぼ」を、枝豆は「枝豆水ようかん」「枝豆もなか」、また、「べにたてゼリー」も作っています。
食べた後の野菜の香りや甘さが美味しいと好評をいただいてます。お土産物としても人気があるんです。
食品衛生管理は徹底的に
 お客さんが口にするものなので衛生面には特に気を付けています。
和菓子の製造工程のすべてを検査した国の食品衛生管理の実施店として登録されています。
大手の食品製造会社以外がほとんどで、個人の和菓子店としては大阪府内で初になります。
また、手洗マイスターの認定証もいただいています。安心、安全な食品づくりは日々の衛生管理が大切だと考え、積極的に取り組んでいます。
八尾の賑わいづくりに
 八尾市役所や八尾商工会議所、八尾市観光協会などの呼びかけもあり、 いろいろなイベントや催事に八尾の特産品を使った和菓子を出品しています。
これまでにプリズムホールやアリオ八尾、百貨店などで出品し、八尾のことを少しでも知っていただければと思っています。
小学校での和菓子づくり教室、ご婦人たちへの講習会などにも指導者として参加しています。
取材を終えて
 当店の一番人気だという「草だんご 蓬の詩」をごちそうになった。
ほどよい甘さの餡にくるまれた蓬(よもぎ)の団子がなぜか懐かしさを漂わせている。
しかも串は青竹で作った手作り、店主さんの本気度が伝わってくる逸品だ。この味をいつまでも守ってほしいですね。
住所〒581-0883 八尾市恩智中町1丁目205
電話072-941-9263