八尾あきんどOn-Do(音頭)ネット

とうふ工房まめいち~豆腐~

写真1
店主プロフィール 氏名:石尾 稔(いしお みのる)さん
趣味:海釣り
夢がつまった豆腐店
 以前働いていた豆腐製造会社が倒産し、起業の相談にと市役所を訪れた。
そこで紹介されたのが「創業スクール」と「八尾あきんど起業塾」です。
いつかは自分の店を持ちたいという夢があり、さっそく受講し開業に向けた勉強を始めました。 30年以上豆腐づくりに関わっていたので腕には自信がありましたが経営となると素人。
中小企業診断士や税理士など、講師の方々のサポートを受けながら、ようやく昨年の夏に開業することができました。
前の勤務先の後輩と力を合わせ、本当に美味しい豆腐づくり、地域に密着した店づくりに頑張っています。
こだわりの素材
 美味しい豆腐はなんといっても素材が大事です。 当店の豆腐は国産の大粒大豆のみを使っています。
水に浸す時間は冬場だと30時間も、外国産の大豆よりはるかに時間がかかります。 それだけしっかりとした大豆だということです。
豆腐づくりにもう一つ大事なものが「にがり」です。ここでは広島産の「藻塩にがり」を使っています。
この藻塩にがりを使っている豆腐店は大阪府内ではほとんどありません。 豆腐づくりに使うには難しいにがりですが、本当に美味しい豆腐のためには欠かせないものなんです。
一番人気は「おぼろ豆腐」
 木綿や絹、厚揚げ、絹揚げもありますが、なんといっても「おぼろ豆腐」が人気です。
大豆を絞り、にがりを入れて固めます。そのあと水に浸さずにお玉ですくうのです。
そのまま食べていただくのが一番ですね。お客さんからも「冬でも夏でもとっても美味しいよ」という声を聞くととても嬉しいですね。
おぼろ豆腐のほか、ネギを挟んだ「ネギ揚げ」や搾りたての「豆乳」も人気があります。 一度食べていただくときっとご満足いただけますよ。
本当の美味しさを
 開業してまだ1年経ちませんが、少しずつお客さんに知ってもらえるようになりました。
以前の会社ではスーパーなどに卸していたため、お客さんの顔が見えませんでしたが、 今はお客さんと直接お話することもでき、豆腐づくりに生かせています。
スーパーよりは高めの値段ですが、本当に美味しい豆腐を提供していきたいと思っています。
今はお店のことで頭がいっぱいですが、落ち着いたら趣味の海釣りにでも行きたいですね。
取材を終えて
 帰りに「絹、木綿、おぼろ豆腐、豆乳」を買った。
さっそくおぼろ豆腐を食べてみると「うわーっ!」、一口でわかる美味しさ。
甘い、大豆の風味、久々に出会った本物の豆腐に大満足。50歳を過ぎての一念発起、 豆腐づくりへの情熱が伝わってくる店主さん、がんばれ!
住所〒581-0086 八尾市陽光園2丁目6-5 101
電話072-923-1363

登録店舗数

1072店